角野晒染 株式会社(かどのさらしそめ かぶしきがいしゃ)

創業昭和6年(1931年)から続く角野晒染株式会社。和ざらしの生産から染め、裁断まで、全て自社工場で一貫生産しています。和ざらしは大きな釜で生地を約28時間かけて炊き上げることで、綿本来の風合いを損なうことなく、優しい肌触りになります。より多くの方に晒を染める楽しさを知ってもらうため、2021年に体験工房をオープンしました。

見学・体験の詳細

見学・体験をご検討の方は、事前に予約をお願いします。

  • 1名から体験可能 ※浴衣は1グループ(1~5名まで)
  • 約1時間
  • 原則10~16時(ご予約は当日の3日前まで)
  • 祝祭日・年末年始・お盆
  • 体験 1名(手ぬぐい1枚)1,650円~
  • 【感染症への対策について】
    手指用消毒液を体験者用にも用意しています。 こまめに換気を行っています。

染め方を教えてもらおう!

まずは仕上がり見本を見ながら三角の形を選ぼう!選んだら生地を三角に折るところからスタート!折り加減から色の染め具合が変わってくるってワクワクするね!

染色は思い切って!

生地を三角形にできたらいざ染色!思い切りの良さでデザインが大きく変わるんだって!不思議だね!みんなはどこを何色に染める?

ドンドン色が変わっていくよ!

染めてる時の暗い色から一転!水で広げて洗っていくうちにどんどん鮮やかに!どんな感じに染まったかドキドキの時間!

出来上がりは十人十色!

出来上がったらみんなで見せ合おう!思ったように染まったかな? 染め方は何通りもあるから色々な染めに挑戦しよう!

事前にご相談いただければ、反物(12m)を自分で染めて作っていただくことも可能です。自分で染めた和晒反物をつかって着物を作ったり、小物や子ども服を作ったりしていただけます。

手ぬぐい以外にも、ドビー生地を縫い合わせて作った和たおるや、和晒ガーゼマスクを販売しています。綿素材が持つ本来の風合いを最大限にいかしながら、高い吸湿性、通気性、保温性があります。

和晒をつかったアパレル製品もいくつか手掛けています。日常の生活の中で堺の伝統産業『和晒』を楽しんでいただき、より多くの方に知ってもらいたいと考えています。

世界に1つだけのオリジナル手ぬぐい

雪花絞りは、生地を三角に折りたたみ、三角形の底辺や角を染料に少し浸ける染め方です。染め終えた生地を広げると、かわいらしい雪の結晶のような花模様が広がります。染料に浸ける深さ、浸ける時間によっていろんな形の結晶の花模様ができるため、世界に一つの自分で作ったオリジナル手ぬぐいが出来上がります。

アクセス

住所

大阪府堺市西区津久野町3-32-1

交通案内

JR阪和線 「津久野駅」徒歩3分


駐車スペースの有無

有り


企業からのメッセージ

以前イベントで体験会を開催した時に1日で200名以上の方に体験いただき、体験する機会をもっと増やせれないかと考え工房を作りました。弊社スタッフがしっかりと直接指導いたしますので、未経験の方もご安心ください。ご自分で実践して染め上がった手ぬぐいを手にする喜びを、是非体験して染めの楽しさに触れていただきたいと思っています。