シャープ化学工業 株式会社(しゃーぷかがくこうぎょう かぶしきがいしゃ)

シーリング材・接着剤・防水材の製造・販売を中心に、工事関連商品の仕入れ販売、製品・商品の輸出入などを行う1960年(昭和35)創業のシャープ化学工業。多岐にわたる製品の中には、阪急電鉄と共同開発した「鉄道補修材」もあります。枕木の交換周期を伸ばすことに成功し、喜ばれております。

見学・体験の詳細

見学・体験をご検討の方は、事前に予約をお願いします。

  • 10人程度(要相談)
  • 見学約30分
    体験込み約1時間
  • 原則平日10時~16時まで
  • 土曜・日曜・祝日・年末年始
  • 見学・体験無料

製品を学ぼう!

入口を入るとシーリング材などの製品が展示されているよ!よく見ると中にはランドセルが!?商品説明でちゃんと説明してくれるよ!

製造工程を知ろう!

工程がイラスト付きでまとめられた概要パネルを見ながら、出荷までの一連の流れを知ろう!一つ一つの工程にこだわりがあるよ!

広い工場内を見学!

工場内では、シーリング材などの製品の管理や検査をする場所を見学できるよ!こんなにたくさんの種類の製品を作っているんだね!

接着体験をしよう!

実際にシーリング材を使った接着体験をしてみよう!完成したモノは持ち帰れるよ!(事前に要予約)

072-268-0321

(受付時間10時~16時まで)

メールで予約する

(企業のホームページに飛びます)

シーリング材は、主に建築や土木用に使用され、空気や水が入らないよう隙間に充填する材料のこと。私たちの暮らしには絶対に欠かせない製品です。

実はランドセルにも使われていることを知っていましたか?縫製工程の前段階の仮止めというところで、天然ゴムの接着剤として使用されています。

シャープ化学の製品といえば、「SHARPIE」などで使用されている波打ったデザインが特徴。ホームセンターでも取り扱っていただいています。

阪急電鉄共同開発の「鉄道補修材」がスゴイ!

鉄道のレールの下に敷かれた枕木を補修する為に、阪急電鉄と共同で「鉄道補修材」を開発しました。長年使用された枕木は、電車が走行した時の振動や雨水の侵入で傷んで穴があくことがあります。保線作業時などに枕木を交換するのが普通ですが、鉄道補修材で穴を塞ぎ補修することで、枕木の交換周期を伸ばすことが可能になりました。鉄道会社の皆様には大変お喜びの言葉をいただき、愛用していただいております。

アクセス

住所

堺市西区築港浜寺西町12-1

交通案内

来客用駐車スペース有り


駐車スペースの有無

有り


企業からのメッセージ

弊社が生みだす製品は「売れるかわからんけど、面白そうなら作る!」から始まっています。愛着を持った製品をもっと多くの方に知っていただきたいです。見学に来られる方は企業様が多いですが、一般の方にも使っていただける商品もあります。ぜひ見学に来て、身近なところで使われていることを知っていただき、愛用してほしいと考えています。

072-268-0321

(受付時間10時~16時まで)

メールで予約する

(企業のホームページに飛びます)